近年使用者自身でも「少し補聴器のお手入れをしたい」と言うかたも増えているのと、保守と衛生管理面から補聴器を良い状態で使用する・・・

そんな背景から補聴器用のケアー製品が色々と発売されています。

 

基本的な補聴器のお手入れとしては拭き掃除。

近年の補聴器は防水・防塵等級を取得した器種も多くなっていますがやはり汗・皮脂・汚れが付着した状態で毎日使用していると感度が鈍ったり、故障の原因となります。

補聴器を外し乾燥ケースに保管する前に乾拭きを最低限するのことをおすすめします。

特に夏場は汗に対して意識が高まるので拭き掃除をされるかたも多いかと思われますが、夏場に限らず毎日行うのが良いかと思われます。

そして近年補聴器メーカー各社が発売を開始しているのが、補聴器用クリーニングシート。(左画像はPhonak社のもの)

基本的にはアルコールを主成分としたウウェットティッシュみたいな感じのシートになっていますが、画像のように除菌効果が高いとされるAg(銀)を配合したり静電気防止剤が配合されていたりします。

汗を多くかくかたや耳の中が湿気が多い・・・

そういった場合には特に耳栓部分は乾拭きでは汚れが落ちにくくなったり、臭いや痒みといった部分が気になるかたなどおすすめします。

(シーメンス・シグニア補聴器、GN、WIDEX、Phonakの計4社があり)

それ以外にも耳掛型補聴器に使用するイヤモールド(耳栓)用の洗浄剤や噴霧して使用するクリーニングスプレーもあり。

夜間や長時間使用しない時に補聴器を保管する乾燥ケースも電気式やハイブリッド(乾燥剤+電気)の増えています。

これらの乾燥ケースの特徴としては紫外線(UV)による除菌ができるのが特徴と乾燥効率が良い点かと思われます。

 

電気式の乾燥ケースは、基本乾燥剤を使用しないで熱乾燥になるので乾燥剤の交換が不要で手軽に使用できます。


上記がPhonak社のD-Dry(ディードライ)とWIDEX社のDry GO-UV

だだ注意点としてはケース自体は密閉型ではないので電源が切れた後も補聴器をそのまま置いておく状態はあまり良いとは言えません。(特に夏場は空気中の湿度が80%前後になるので考えないといけません)

そんな点を気になる場合は補聴器用乾燥機として30分程度で同じように熱乾燥させるものもあり。

ハイブリッド乾燥ケース(左画像はIDEX社のクイックエイド)

このタイプは乾燥剤と電源の併用になるので乾燥剤は定期的な交換が必要になりますが、密閉ケースになるので長時間の保管には適しています。

UVによる除菌と脱臭シートも同封になるので消臭効果もあり。

 

通常のシリカゲル式の乾燥ケースに比べどのタイプもUVによる除菌効果が期待でき乾燥効率も良いと考えられていますが、自身の補聴器装用時間にあわせ効果的なものを選ぶのが一番かと思われます。