冬場の補聴器用空気電池の使用について



寒くなると補聴器用空気電池の持ちが悪く感じることが有りませんか?
これは湿度と二酸化酸素量の問題で起こる現象です




これは電池工業会から出された資料です。

補聴器の空気電池は酸素を必要とするため、冬場にストーブ(火を使う暖房器具)使用すると室内の酸素量が低下して電気が起きなくなります。
それと湿度の状態
やはり暖房器具を使用すると湿度が低下して乾燥状態になってきます。
乾燥されると電池内部の電界溶液が上手く電気を起こせなくなり最後まで電池を使い切ることが出来なくなります。

対策としては、なるべく室内の空気の入れ替えをすること、新しい電池を使用する場合に、シールをはがしてすぐに使用するのではなく、1分位指先でこすって少し温めてから使用すると良いと思われます。

電池の消耗が早い場合は注意してみて下さい。