補助制度



 補聴器の購入費の負担を軽減してくれる制度が3つあります。

 

 

障害者総合支援法

②労働者災害補償保険制度

③戦傷病者特別援護制度

 

 その他に中等度難聴児発達支援事業があります。これはこれまで聴覚で障害者手帳の交付対象とならなかった軽度~中度難聴者の18才未満でかつ、補聴器を使用することで言語習得等の一定の効果の見込みのある方々に対して、補聴器購入費用の一部を助成するサービスです。(地域によって異なる)