保証制度について



補聴器の修理保証期間は概ね2年間で設けているメーカーが多く、補聴器の価格帯によって保証期間は1年から最大で3年まで幅があります。また保証が切れた後は『定額修理保証』という、修理金額の上限が一律で定められている修理サービスもあります。細かな内容はメーカー各社ごとで違います。

 

また、1年間の火災盗難保険に無料で加入してくれるメーカーや、1年間の紛失保証のつくメーカーもあります。しかしほとんどのメーカーでは紛失の際の保証は一部機種に限られているため、紛失にはように注意する必要があります。

 

各メーカーの保証制度の案内については画面左側にあるメーカー名をクリックしてください。

 

 





その他に、修理金額を軽減するプランとして、『補聴器販売店協会』に加盟しているお店では、『デジタル補聴器延長保証プラン』を取り扱っています。メーカー保証2年に1年か2年の延長の修理保証が付けられる内容です。これまで機械の故障で修理の多かった方にはお勧めのサービスとなっています。